収穫 2019年04月20日

伊勢ヒロメ、仕入れてきました。

紀北町の石原さんから、ヒロメの収穫が終わったのでいつでも取りに来て。との連絡を受け、行ってきました。
今年は、およそ50kg

これを名張のイーナバリ様のところで一度解凍しペースト状に加工していただいて、いよいよ「伊勢ヒロメうどん」の製造に入ります。

昨年の試作発表より、さらにいろいろと試行錯誤して、「伊勢ヒロメうどん」は、基本は冷やしうどんとしてお召し上がりいただき、お好みによってホットでも美味しく召し上がっていただけるように工夫しました。

現在、同時進行でパッケージも作成中で、実質の販売は6月頃になりそうです。
その際は、また改めてご連絡いたしますので、なにとぞよろしくお願いいたします。

伊勢ヒロメ 2019年03月18日

年が明けて3月となり、ヒロメの収穫シーズンとなりました。

ヒロメとは
・ワカメの近縁種で全国でも限られた海域に分布します。
・1枚の広い葉、シャキシャキの歯ごたえ、やわらかで独特のとろみが、ワカメと違います。
・収穫時期は1月から4月で生のヒロメが店頭に並ぶのは、三重県南部の春の風物詩です。乾燥品や塩蔵品もあるため、1年中いただけます。ワカメと同じ料理に使えます。

(詳しくはこちらから http://www.pref.mie.lg.jp/ONORIN/HP/p0022100003.htm)

 

昨年8月、弊社は、三重県の産業・官僚・大学・金融の連携事業として始めた「伊勢ヒロメうどん」の試食発表を三重大学東紀州サテライト様主管の元、皇學館大學にてプレス発表させていただきました。

そして、この夏、いよいよ完成披露させていただくこととなりました!

仕上がった「伊勢ヒロメうどん」は関係機関の食堂でメニューとして提供されるほか、商品化して一般販売もする予定ですので、商品化出来次第、また改めてご報告いたします。

これを機に、伊勢ヒロメがもっと広まって、東紀州の方のこれまでの努力が開花することを祈念します。

プロフィール
プロフィール

創業昭和23年。伊勢うどんの老舗 山口製麺の最新情報と、伊勢うどんにまつわるあれこれを発信しています。

伊勢うどんの通信販売 山口製麺